朝刊1面連載の「井上章一の現代洛中洛外もよう」を切り抜いて、スクラップブックに貼り付けておられるお客様がたくさんおられます。

この朝刊連載の切り抜きを、長年続けておられるお客様を紹介します。

宇治市木幡にお住まいの長澤様に、スクラップブックを見せていただきました。

「京近江 名所句巡り」(2011年)、「工芸の四季」(2012年)、「京都国立博物館所蔵 名品手帳」(2014年)、「山本読書室の世界」(2015年)、「京都芸大 美を語る」(2016年)など。

毎日切り抜いて貼り付けておられるばかりでなく、きれいに保存していただいていることに感激しました。

長澤様のお嬢様が「山本読書室の世界」の著者の方とお知り合いで、多くの本を紹介していただいた縁もあり、特に興味深く切り抜きを楽しまれていたそうです。

もちろん現在連載中の「井上章一の現代洛中洛外もよう」も、貼り付けてしておられます。

私たちが毎日お届けしている京都新聞を、このように長年にわたり大切に保管されているのを知り、とても励みになりました。

これからもずっと、この収集をお続けください。

 

尚、お名前と画像はご本人様の承諾を経て掲載させていただきました。